広報紙 ■イベントご案内 
   ■講座のご案内  ■募集のご案内
                                ■大分市ボランティアセンター事業
                              おしらせ


大分県では、「自主的、自発的な意志で、利潤や報酬を期待せずに他人や社会に貢献する活動」と定義しています。
 全国ボランティア活動振興センターでは、次のように整理しています。



  

 1 身近なことから
 私たちの身のまわりを見直し、気づいたところから手がけ、まずできるところから始め、足もとから固めましょう。

 
2 相手の気持ちになって
 とかく自分のペースで行動しがちになりますが、相手と接することの多い活動ですから、善意あっても押し付けでは困ります。
 お互い対等の立場であることを忘れずに、誠意をもって接し、常に相手の気持ちを考えて活動しましょう。

 
3 約束や秘密は必ず守る
 訪問日時、援助内容、どんな小さなことでも、相手との約束を果たし、信頼関係を高め、秘密を守ることが必要です。

 
4 自分を成長させる
 ボランティア自身がもっている知識や技術を社会に役立てるものでありますが、研修や学習をおこたらず、自分自身を一層高めるように努めることが重要です。

 5 無理をせず継続する
 ボランティア活動は自分の意志に基づいてする主体的な活動です。
 自分に合った活動内容・時間を選び、きちんと伝えることも大切です。無理をすると長く継続できません。
 自分の生活のリズムを第一に考えて計画を立て、無理なときは、はっきり断る勇気を持つことです。

 
6 周囲の理解を得る
 ボランティア活動は、身近な人の協力を必要とします。家庭・学校・職場・友人など周囲の理解が得られるように努めましょう。
 勉強や仕事まで犠牲にしては長続きしません。

 
7 安全第一(保険加入)
 ボランティアとしてできる範囲を考え、無理をせず、専門家、指導者の指示に添って活動しましょう。
 また、もしもの場合に備えて、保険の加入をおすすめします。 
                 保険加入についての詳細はこちらをご覧ください>>

 
8 問題を感じたらまず相談をする
 不安なことや心配なことは一人で抱えこまずに、ボランティアセンターや活動の担当者などに相談しましょう。
 ひとりで悩まずに、どんなことでも気軽に相談して早めに解決しましょう。
 自分で勝手に判断をすると、相手に迷惑をかけてしまうこともあります。
<<TOPへ戻る
  |  |  | 
(C)Copyright 2004 Oita Volunteer Center